考察と見解

305号室のオンナ 3話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」をネタバレ!

 

 

 前回はコチラ 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

前話の出来事から数日が経ち、須郷は悩んでいました。

 

手を変え品を変え楓に手を出した須郷でしたが、楓はどれほど脅したところで決して言いなりになることはありませんでした。

 

これまでの経験も相まって、自分の巨根に降伏しない女がいることに苛立ちを隠せない須郷は、妙案を思いつきます。

 

これまでのセックスで撮りためた楓の恥ずかしい映像の、その言葉尻をうまく編集することで、まるであたかも人妻が男を欲していて、求めているかのような、そんな映

像を作ることができるのではないか、ということがひらめいたのです。

 

その映像によって興奮収まりきらない須郷は、305号室の隣部屋である306号室で、楓に悪さをすることに決めます。

 

楓を壁に押さえつけ、後ろから突き上げる須郷。

 

もはや恒例ともなっていましたが、この日は事情が異なりました。

 

その薄い壁の向こう側、305号室には、夫である柊希がいます。

 

このマンションは鉄筋コンクリートではありません。

 

喘ぎ声をあげれば、バレてしまうのです。

 

須郷は、声を上げさせるためにピストン運動を加速してゆきます。

 

「んっ…!激しい!激しいってばぁ!」

 

抵抗する楓でしたが、その音に柊希は気づいてしまいます。

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

お隣さんは住んでいないはずなのに、と不審がる柊希。

 

不動産屋の人どうしがセックスをしているのか、と妄想を膨らませた柊希は、壁越しに聞き耳を立ててしまいます。

 

絶体絶命なピンチの状況に陥る楓。

 

激しいセ○クスの音声に、耐えきれず抜き始めてしまう柊希。

 

306号室の中出しと並行して、305号室では柊希が一人射精していました。

 

須郷に、中出しされた状態で帰宅するように指示された楓は、泣く泣く隣にある自宅へと戻ります。

 

そこにあったのは、「また聴きたいな」と呟きながら、ティッシュが入っているであろうゴミ箱に消臭スプレーをかけ続ける夫の姿でした。

 

楓は、めくるめく変わりゆく状況に耐えられなくなりつつあり、何も知らない夫を恨めしくも思うのでした。

 

 続きはコチラ 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



-考察と見解

Copyright© 305号室のオンナ:エロ漫画作品のあらすじを無料試し読み , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.