完全ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第4話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 前回はコチラ 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

娘の言葉で、とりあえず一晩様子を見ることにしました。

 

朝が来て、娘の心が変わっていたら、やはり出頭しようと思っていました。

 

しかし、娘からかけられた言葉と言えば、

 

「パパ、気持ちいいことしてあげる・・・」

 

ズボンを下ろされ、モノを加えてしゃぶりだしました。

 

「警察行っちゃだめだよ・・・」

 

どこで覚えたのだろうか、と言わんばかりの舌使いをされて、パパはたちまち我慢が出来なくなってきました。

 

「あぁぁぁぁ、すごい、気持ちいい・・・」

 

娘の口の中に大量に発射してしまいました。

 

その白濁した液体をごくっと、娘は飲み干したのでした。

 

「パパ、また、気持ちいいことしようね。」

 

 

その後、ママが旅行から帰ってきました。

 

もちろんママには内緒です。

こんなことをしているのが発覚したら、警察行き間違いありません。

 

しかし、その後もママの目を盗んでは、

 

娘とのフェラをしまくっていました。

 

本当に娘はどこで覚えてきたのでしょうか。

 

最近の学生はこのくらいは、軽くこなせるものなのでしょうか。

 

 

娘は学校の友達とAVを見たらしく、パイ吊りを覚えたようでした。

 

こうやって、オトコの人を喜ばせるんだよ、と。

 

そこで、ママの目を盗んで、パパ相手に試してみることになりました。

 

パパがソファーで寝っ転がっていると

 

娘がシャツを脱ぎだして、

ブラジャーの間の谷間にモノをはさんで

 

しごきだしました。

 

パパも最初は驚いた表情を見せましたが、

あまりの娘のおっぱいの柔らかさと弾力に

素直に反応してしまいました。

 

最初は、この技をしたことがなかったので、ぎこちなく感じましたが、

 

徐々にコツを覚えたようで、すぐに絶頂が訪れました。

 

「あぁっ~」

 

娘の首筋目がけて発射してしまいました。

 

娘はうまくいったとばかりに喜んでいるようでした。

 

この日からパイ吊りの訓練が始まりました。

 

パパもご満悦と言った表情をしていました。

 

「パパ、大好き、気持ちいいこと、もっとしようね。」

 

成長した娘の胸が病みつきになったようでした。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

-完全ネタバレ

Copyright© 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでネタバレあらすじ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.