ヒメ×カノ2

ヒメカノ2-清純巨乳と秘密のえっち- 6話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

『ヒメカノ2』をネタバレしちゃいます♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密の…]LP1※スマホ専用

 

 

 

第6話 あらすじネタバレ
「日和…お前にムラつくぜ!!」

 

 

日和

「やぁ…ッ…」

 

 

四郎

(日和は簡単に濡れるから)

(ちょろいよな。)

 

 

早漏改善特訓もそっちのけで日和ちゃんのアソコを手でヌチヌチッする四郎君。

 

 

日和

「ほ…欲しい…ッ」

「お…おじさんの」

「おち●ちんッ 欲しいの…ッ」

 

 

四郎

(怜奈もこれくらいちょろければ最高なんだが…)

 

 

―――ぬりっ…

 

 

日和

「あ…ッ」

 

 

四郎君は手に付いた日和ちゃんの愛液をおっぱいに塗ります。

 

 

四郎

「脱げよ…」

「ゆっくりな。」

 

 

―――スル…

 

 

日和

「おじさんの…」

「太くて硬いおち●ちんで」

「日和を……」

「犯して」

 

 

言われた通りにニーソ以外の服を脱いで、四郎君におねだりをします。

 

 

四郎

(くッ…ッ)

(あ…危ねぇ…ッ……ッッ)

(余計なサービスしやがって…ッ)

(おっ?で…でも…)

(マ●コ見ても…)

(…耐えれてる…ッッ)

(一発ヌイたからか!?)

 

 

マ●コを見せ付ける様にしてくる日和ちゃんに対し、なんとか射精せずに我慢ができた四郎君。

 

 

四郎

(……ん?)

 

 

四郎

「くぱああああぁぁッ!!!」

 

 

―――びゅるるっ ドピッ ドピッ

 

 

日和

「えッ!?」

「えッ!?」

「ええええぇ!?」

 

 

一瞬耐えたかと思ったその時、日和ちゃんのくぱぁに四郎君はあえなく射精してしまいました。

 

 

日和

「――ビックリした…」

「自分で触れる事なく射精するなんて…」

「ある意味凄いよね。」

「……?」

 

 

仁王立ちしたまま動かない四郎君。

 

 

日和

「おじさん…」

「どこ見てるの?」

 

 

四郎

「お…俺ッ…」

「…こんな酷かったかッ?」

「…体質か?」

「ッ…オナニーなら結構モツのに…ッッ」

「これじゃ…」

「抱けば抱くほど」

「女に嫌われるじゃねぇか…ッ」

 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密の…]LP1※スマホ専用

 

 

 

四郎君は改めて超早漏っぷりを自覚してショックを受けます。

 

 

日和

「焦っちゃダメ」

「それに特訓はまだ始まったばかりでしょ?」

「私も頑張るからさ」

「ゆっくり治していこ?」

 

 

日和ちゃんは四郎君に対してひたすら優しく接してくれます。

 

 

四郎

(俺……結構酷い事してんのによ……)

(怜奈との事を責めるわけでもねぇし…)

(俺を助けてもメリットなんてねぇのに…)

 

 

甲斐甲斐しくしてくれる日和ちゃんに対して思いを巡らす四郎君。

 

 

四郎

「サ…サンキュ…な…。」

 

 

そして感謝の言葉を口にします。

 

 

四郎

(誤解してたぜ……)

(正直…ヤリマ●女としてしか見てなかったが……)

(…凄ぇ…いい女じゃねぇか……ッ)

 

 

やっとそのことに気づくのでした。

 

 

四郎

(むッ……)

(ムラつくぜ…)

 

 

~つづく~

 

 

「ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密のえっち- 」6話の感想

 

 

やっと日和ちゃんの良さに四郎君気づきましたね。

 

 

というか、ヤリマ●としか見てなかったんですか…。

 

 

まあ出会って初日であれだったので仕方ないとは言えますが…。

 

 

こんないい子、そうそういないと思いますよ?ちょっと変わってますが(笑)

 

 

さて、日和ちゃんの良さに気づいた四郎君、一体ここからどうなるのでしょうね?

 

 

次話に期待です!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密の…]LP1※スマホ専用

 

-ヒメ×カノ2

Copyright© ヒメカノシリーズネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじを無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.