ヒメ×カノ2

ヒメカノ2-清純巨乳と秘密のえっち- 15話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

『ヒメカノ2』をネタバレしちゃいます♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密の…]LP1※スマホ専用

 

 

 

第15話 あらすじネタバレ
「夜中にこっそり進入して愛撫して楽しんでた事を…怒ってるのか?」

 

 

鉄ちゃん

「日和ちゃん!?どこにいるの!?」

 

 

日和

「…ッ……」

「全部射精した?」

「もう戻らなきゃ…」

 

 

常連客・鉄ちゃんを店の中に放置したまま、何とかエッチを終えた二人。

 

 

ですが、放置されていた鉄ちゃんは若干お怒りのご様子?

 

 

鉄ちゃん

「日和ち……」

 

 

―――ズルッ…

 

 

日和

「は、はーいッ」

 

 

日和ちゃんは前回の様に、鉄ちゃんが怒って帰る前に何とか鉄ちゃんの接客に戻るのでした。

 

 

―――ザッ

 

 

怜奈

「……ッ」

 

 

四郎

「てめぇ…ッ」

「何でさっき俺の顔見て逃げた?」

「その態度はなんだ?生理か?」

「っていうか…」

「何をそんなに怒ってやがる…」

 

 

街中で怜奈ちゃんを見つけて引き留めて怒る四郎君。

 

 

怜奈

「………」

 

 

四郎

「まさか…」

「昨日の事で怒ってんのか?」

 

 

四郎

(夜中にコッソリ侵入して…)

(愛撫して楽しんでた事…怒ってんのか?)

 

 

そりゃ怒ります…(笑)

 

 

四郎

「そんな怒るなよ」

「凄ぇ可愛く喘いでたぜ?」

「怜奈があんな声出すなんてな」

「しかも…」

「寝言で俺の名前…」

 

 

怜奈

「ウソつくな。」

「ブサイク。」

 

 

怜奈ちゃん、怒ってるにしても口が悪い…(笑)

 

 

四郎

(な…ッ 何で今…悪口言われた?)

 

 

これには四郎君もぶるっぶるっと頭に来た様子ですが…?

 

 

四郎

(落ち着け…ッ)

(いちいちキレてたら)

(男の器が知れる)

 

 

ここまで私が読んでる限り、四郎君には短気の印象はありますけどね(笑)

 

 

怜奈

「いつまでこんな事続ける気?」

「しきたりの件 さっさと断ってよ」

 

 

四郎

「断ろうとしたらお前が邪魔したんじゃねぇか」

 

 

怜奈

「じゃ、もう一度断って。」

 

 

四郎

「そうカリカリすんなって。」

「ちゃんと断ってやるから。」

「な?」

 

 

そう言って四郎君は怜奈ちゃんの肩に手を置きます。

 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密の…]LP1※スマホ専用

 

 

 

怜奈

「触らないで。」

「もうエッチはしない。」

「なんとか耐えてたけど…」

「もう無理…限界。顔見るだけで…吐きそう…ッ」

 

 

―――ビキッ

 

 

四郎

(クッ…ッ)

 

 

これは四郎君、流石に怒ってもいいとは思います(笑)

 

 

四郎

「――そりゃ」

「約束破るんだから当然だわな……」

 

 

怜奈

「……ッッ」

 

 

四郎

「俺も破るに決まってんだろ?」

 

 

~つづく~

 

 

「ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密のえっち- 」15話の感想

 

 

日和ちゃんがすごくいい子なせいか対比で怜奈ちゃんがすごく酷い子に見えますね(笑)

 

 

いや、確かに四郎君、私から見ても気持ち悪いと思うくらい、デザインとして酷いデザインに描かれていますが…(笑)

 

 

そして、流石に四郎君も堪忍袋の緒が切れた様子。

 

 

ここから逆襲!っというところで今話終了でしたね。

 

 

次話ではどんな逆襲が始まるのでしょう…?

 

 

というかここお外ですよ!?(笑)

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密の…]LP1※スマホ専用

 

-ヒメ×カノ2

Copyright© ヒメカノシリーズネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじを無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.