ヒメ×カノ2

ヒメカノ2-清純巨乳と秘密のえっち- 11話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

『ヒメカノ2』をネタバレしちゃいます♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密の…]LP1※スマホ専用

 

 

 

第11話 あらすじネタバレ
「やっぱり生はいい!!」

 

 

―――じゅぶっ じゅぶっ

 

 

四郎

「くッ…生はやっぱいいわ…ッ」

 

 

怜奈

「さ…ッ…最低…ッ…抜いてよバカ…ッ…ゴムつけてッ」

 

 

コンドームをつけて欲しいと言う怜奈ちゃんの意向を無視して生で挿入する四郎君。

 

 

四郎

「チンタラやってたら洋介が帰ってきちまうだろッ」

「こんなマ●汁まみれのマ●コ…洋介に見られてもいいのか?」

 

 

怜奈

「……ッ…」

 

 

四郎

「それとも……見られたいってか?」

 

 

怜奈

「ば…バカいわないでよ…っ」

 

 

四郎

「マ●コ…ッ…そんなに締め付けて…ッ

「また想像して感じてんのか…?」

 

 

怜奈

「そ…そんな事してないから…ッ」

 

 

四郎

「あ…ッ……ッッ…」

 

 

怜奈

「な…なに?」

 

 

四郎

「うッ…く…」

 

 

―――ブルッ

 

 

怜奈

「し、四郎!?」

「だ…ダメだよ!?」

「抜い…ッ」

 

 

洋介

「四郎っ」

 

 

四郎

「んぇ!?」

 

 

四郎君がイこうとしたその時、窓の外から帰ってきた洋介君が声をかけます。

 

 

幸い、ソファの陰で四郎君の下にいる怜奈ちゃんは見えていません。

 

 

四郎

「よよよ…よぅ…帰ったか…ッ」

 

 

洋介

「あぁこのとおり、買ってきたぞ。」

 

 

四郎

「なっ…何を?」

 

 

洋介

「頼まれたモノをだ。」

「怜奈は?」

 

 

四郎

「今…便所にいってるわ…ッ」

「クッ…ッ」

 

 

洋介

「し…四郎…」

「何やってんだ?」

 

 

四郎

「き…筋トレ…ッ」

 

 

洋介

「――何で裸なんだ?」

 

 

四郎

「そ、そりゃおめぇッ暑いからに…んッッ」

「決まってんッ…だろ…ッ」

 

 

―――ドプッ

 

 

怜奈

「あ…はぁ…ぁ…ッ」

 

 

四郎

「ちょっと…ッ 黙ってろッ」

 

 

―――ドクッドクッ

 

 

四郎君は洋介君を誤魔化しながら射●してしまいます。

 

 

洋介

「えっ?あ…あぁ…」

 

 

四郎

「ほら…ッ」

「…シコれッ」

 

 

四郎

「うッ…」

 

 

―――ドピュドピュ

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密の…]LP1※スマホ専用

 

 

 

怜奈ちゃんの手で扱かせながらさらに射精する四郎君。

 

 

四郎

「もっと…強く…シゴけ…ッッ」

「そうだ…いいぜ…ッ」

 

 

四郎

「――ってなわけであの後大変だったんだぜ?」

 

 

日和

「へぇ」

「でも普通にエッチできて良かったね」

 

 

怜奈ちゃんとの一件を日和ちゃんに報告する四郎君。

 

 

四郎

「へっ…やっとここまでこれたって感じだな」

 

 

日和

「…様子はどう?ちょっとは惚れてくれた感じ?」

 

 

四郎

「いや…」

「ますます嫌われたな。」

 

 

…まあ、そうでしょうね…(笑)

 

 

日和

「何それ…どうするつもり?」

 

 

四郎

「とりあえず…」

「毎日抱くわ。」

「これぞ男って所を見せてやんのさ。」

 

 

日和

「………」

「そ、そう…」

「上手くいくといいね………」

 

 

日和ちゃんですら引いてしまいます…(笑)

 

 

日和

「……?」

「どうしたの?」

 

 

四郎

「それ…コンピューターじゃねぇかッ!?」

「こりゃいいぜ…」

「いやぁ…端末に触るのは久しぶりだな…」

 

 

日和

「ちょちょちょっと…勝手に入らないでよッ」

 

 

日和ちゃんが使っているコンピューターに興奮して、弄ろうとする四郎君。

 

 

そういえば、四郎君はPCマニアでしたね。

 

 

四郎

「怜奈のヤツに壊されて以来だわ」

「最新モデルか?」

「…本体は!?端末本体はどこにある!?」

「まさか…ッッ一体型かッ!?」

「いいねぇ…」

「これなら怜奈に壊される心配もねぇな」

 

 

日和

「ハァ……あんまりいじらないでよ?」

「怒られるの日和なんだから。」

はいイス……」

 

 

そんなことを言いながらも四郎君が弄り易い様に椅子を用意してあげます。

 

 

四郎

「おぅサンキュ。」

 

 

日和

「……」

「ななな…何見てるの!?」

「っていうか…」

「何しようとしてるの!?」

 

 

四郎

「あん?見りゃわかるだろ?」

「今オカズを探してる所さ」

 

 

―――ぼろんっ

 

 

~つづく~

 

 

「ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密のえっち- 」11話の感想

 

 

とんでもない修羅場になりましたね…(笑)

 

 

一体どうやってあの後誤魔化したのでしょう…?

 

 

でも、洋介君、四郎君の言うことは何でも鵜呑みにしちゃうところあるので、適当に誤魔化せば誤魔化せる気もしますが…(笑)

 

 

そして、日和ちゃんの家?バイト先?のPCに興奮して、そのままオナニーを始める四郎君。

 

 

四郎君、こういう漫画の主人公の中でもかなり破天荒ですよね…(笑)

 

 

本当にここから一体どうなるのでしょう…想像もつきません…!

 

 

次話が楽しみ(?)です!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

ハンディコミック[ヒメ×カノ2-清純巨乳と秘密の…]LP1※スマホ専用

 

-ヒメ×カノ2

Copyright© ヒメカノシリーズネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじを無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.