ヒメ×カノ

ヒメカノ 5話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

『ヒメカノ』をネタバレしちゃいます♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【コミなび純稿】 ヒメ×カノ-天然ギャルと秘密のえっち-ver.4

 

 

 

第5話 あらすじネタバレ
「嘘だろ?助けたギャルが俺とエッチをしたいって一体どうなってんだ!?」

 

 

彼氏

「…何だ?」

「何か用か?おっさん。」

 

 

四郎

「な~に少し話を聞いちまってね。」

「胸糞悪いからちょいシメていこうかなってな」

「それだけさ。」

 

 

別れ話から酷いことをされそうになったギャルの彼女を助けに入った四郎君。

 

 

彼氏

「面白ぇ…そこ…動くなよ?」

「おっさん」

 

 

相手は見るからにチンピラですが…四郎君大丈夫でしょうか…?

 

 

彼女

「おじさんよしなよッ!」

「逃げた方がいいッ!」

「は、早くッ」

 

 

彼女の方も四郎君を心配して、こう言います。

 

 

四郎

「おじさん、おっさん うるせぇーんだよ…ッ」

「俺ぁまだそんな年じゃねーぞ」

 

 

私が、ここまで読んでる感じ、そんな歳じゃないっぽいですが、見た目は完全におじさんです(笑)

 

 

四郎

「ヒャッハー!!!」

 

 

―――ドグォ

 

 

四郎

「へッ…」

「口ほどにもねぇーな」

 

 

彼女

「す…凄い…」

 

 

私としてもまさかの一発ノックアウト…(笑)

 

 

彼女

「お…おじさん強いんだね…」

 

 

ええ、四郎君強いんですね…。

 

 

四郎

「ん?」

「まーな。」

「お嬢ちゃん濡れただろ?」

 

 

彼女

「うんッ!濡れちゃった!」

 

 

まさかの四郎君のノリについてくるギャル彼女。

 

 

四郎

「―んえ??」

 

 

これには四郎君も意外だったようです(笑)

 

 

というか、四郎君、今までわかってやってたんですね(笑)

 

 

彼女

「今のうちに場所かえよ?」

「ついてきて!」

 

 

そんなこんなで四郎君は彼女の部屋に招かれます。

 

 

彼女

「適当に座ってて」

 

 

四郎

「お?おぅ…」

 

 

突然知らない女性の部屋に招かれた四郎君は戸惑います。

 

 

四郎

「はぁ…どうなってんだ…こりゃ…」

 

 

彼女

「おっまたせッ!」

 

 

四郎君を待たせて飲み物を取りに行っていた彼女が戻ってきました。

 

 

四郎

「は、早ぇな」

 

 

彼女

「でしょ?」

 

 

そして横に座る彼女。

 

 

四郎

(…え?何で真横に??まぁ…別にかまわんが…。)

 

 

四郎

「まず…名前…聞いていいか?」

 

 

彼女

「あっ」

「そういえば自己紹介してなかったね」

「私は日和。」

「おじさんは?」

 

 

四郎

「俺の名は四郎だ。」

 

 

四郎君の自己紹介と共に決めた謎のポーズにも戸惑わない日和ちゃん。

 

 

日和

「あの…本当に今日はありがとうございました。」

「おじさんにお礼言いたくて…。」

 

 

四郎

「……」

「ありゃ…結果的にお前を助けた形になったが…」

 

 

日和

「え?」

 

 

四郎

「今日は機嫌が悪くてな」

「誰でもいいから殴りたかっただけなのさ。」

「だから礼はいらねぇよ。」

 

 

ちょいちょい無駄にかっこいいですね、四郎君(笑)

 

 

日和

「おじさん…」

 

 

四郎

「……。」

「「四郎さん」な。」

 

 

日和

「何か辛い事…あったんだね」

 

 

―――ぎゅっ

 

 

日和ちゃんは、そう言って腕を抱いてきます。

 

 

日和

「私で良ければ…話してくれない?」

 

 

四郎

「いや…」

 

 

日和

「日和に話したくない?」

 

 

出会ったばかりの女の子に愚痴を言うわけにもいかない四郎君。

 

 

ですが、日和ちゃんはつぶらな瞳で見つめてきます。

 

 

日和

「やっぱり日和には話せない?」

 

 

四郎

「…何でそんな事聞きたいんだ?」

 

 

四郎君は、日和ちゃんがよく見ると結構可愛いことに気づきます。

 

 

日和

「話せば楽になるかなって…」

「ほら」

「おじさんも助けてくれたでしょ?」

「日和もおじさんを助けたいな…」

「ダメ?」

 

 

四郎

「……」

 

 

そして、結局その出来事を全部バカ正直に話してしまう四郎君。

 

 

四郎

「はは…やっぱり…全然楽にならねぇわ」

「言えば言う程…こたえるな。」

 

 

日和

「おじさん…」

 

 

四郎

「し…四郎ッ つってんだろ…ッ」

「あぁ~あ。何であんな事しちまったのかな」

「どうせヤルんなら最後までしたかったぜ」

「あそこまでしといて未遂で終わるとは…」

「カッ…我ながら情けねぇ。」

「笑えるぜ。」

 

 

ああ、やっぱり未遂だったんですね。

 

 

日和

「辛い事思い出させちゃったね…」

 

 

四郎

「へっ勘違いするなよ?」

「…だからって俺は諦めてねぇからな。」

「…告白もしてねぇんのに白旗振んのはゴメンだ。」

「時間をかけてでもモノにして見せるさ。」

「そこに愛がある限り、俺は戦い続けるゼ」

「おっと…濡れたかい?」

 

 

いつもの四郎君節炸裂ですね(笑)

 

 

―――ずるんっ

 

 

四郎

(?????)

 

 

なぜかこれを聞いた日和ちゃんは服を脱ぎだします。

 

 

四郎

(え…ちょっとこの子…)

(い…いきなり脱いで…何を…)

(股間が蒸れて痒いのだろうか?)

(え…えらい大胆だな…)

 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【コミなび純稿】 ヒメ×カノ-天然ギャルと秘密のえっち-ver.4

 

 

 

そしてもちろん戸惑う四郎君。

 

 

日和

「おじさん見て!糸ひいてたッ」

 

 

濡れていたことを指で証明し、見せびらかす日和ちゃん。

 

 

四郎

「……。」

 

 

日和

「ほら。」

「にょーんって。」

 

 

四郎君もズレてますが、日和ちゃん、それ以上にズレてますね…(笑)

 

 

四郎

(こ…これは現実か…ッ???女がマ●汁を見せつけてやがる…ッ)

 

 

 

日和

「ね?濡れてたでしょ?」

 

 

日和ちゃんが元気づけようとしてくれてると思った四郎君。

 

 

差し出された糸を引く指を下で舐めます。

 

 

日和

「あっ…」

 

 

四郎

(これが…マ●汁の味…ッ く、悔しいが…最高だ…ッ)

 

 

日和

「おじさんくすぐったいよッ」

 

 

四郎

「ひょっとして」

「男だったら誰にでもこんな事してんのか?」

 

 

日和

「違う。」

「…惚れた男だけだよ。」

 

 

四郎

「あん?」

「惚れた男…?」

 

 

日和

「…うん」

「私…」

「おじさんに…惚れちゃった。」

 

 

さっき会ったばかりで惚れたという日和ちゃん。

 

 

流石にからかわれているのかと四郎君は疑いますが…。

 

 

日和

「…本気だよ?」

「そんなに疑うなら私の体調べてよ。」

「きっと…伝わるから。」

 

 

そう言うと日和ちゃんは服を脱ぎ始めます。

 

 

四郎

(へ…?それって…俺とエッチしてもいいって事?こんな子が…嘘だろ…?)

 

 

~つづく~

 

 

「ヒメ×カノ-天然ギャルと秘密のえっち- 」5話の感想

 

 

日和ちゃんが面白いですね(笑)

 

 

四郎君が今までボケまくってましたが、それ以上にボケる日和ちゃん。

 

 

そして、とてもエッチな子ですね。

 

 

四郎君にとてもお似合いというか、いい彼女だと思います。

 

 

というか、てっきり怜奈ちゃんが表紙の子になるもんだと思ってたら、日和ちゃんがヒロインだったんですね。

 

 

怜奈ちゃんや洋介君は今後絡んでくるのか?

 

 

日和ちゃんと四郎君はこのままハッピーエンドまっしぐらなのか?

 

 

今後に期待です!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【コミなび純稿】 ヒメ×カノ-天然ギャルと秘密のえっち-ver.4

 

-ヒメ×カノ

Copyright© ヒメカノシリーズネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじを無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.