ヒメ×カノ

ヒメカノ 2話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:

 

 

『ヒメカノ』をネタバレしちゃいます♡

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【コミなび純稿】 ヒメ×カノ-天然ギャルと秘密のえっち-ver.4

 

 

 

第2話 あらすじネタバレ
「怜奈が自分のカラダを使って俺のオナニーの手伝いをするだと!?」

 

 

怜奈

「どうしたの?」

 

 

四郎

「あ…あぁ…すまん。」

 

 

先日見てしまった怜奈ちゃんのおっぱいが忘れられない四郎君。

 

 

服の上からでもそのおっぱいを妄想してしまいます。

 

 

四郎

「ところで今日はどうした?」

「相談事か?」

 

 

怜奈

「この前のお礼言いたくて」

 

 

四郎

「この前?」

 

 

どうやら怜奈ちゃんはこの前兄である洋介君に四郎君の部屋での一件を黙っててくれたことのお礼を言いたかった様です。

 

 

怜奈

「正直ね…四郎の性格から絶対言うと思ってたの…」

「私…四郎の事誤解してた…本当にごめんね…」

 

 

それに対し、四郎君はおっぱいをコンプレックスに持つことなんてないと励ましますが…?

 

 

怜奈

「ん?」

「コンプ…レックス…?」

 

 

どうやら違う様子。

 

 

四郎

「じゃあ…あれか…」

「洋介に惚れてるわけか?」

 

 

怜奈

「洋介?」

「ないない…ありえない…」

「兄妹だよ?」

 

 

これも違う様子。

 

 

じゃあどうして洋介君に言ってはいけないのかを問いただしますが…?

 

 

怜奈

「…ゴメン………上手く言えない…」

 

 

怜奈ちゃんも上手く説明が出来ない様子。

 

 

…この理由は私もちょっと気になりますね。

 

 

四郎

「いや…でもまさかお前があんな乳してるとはな…」

「正直…」

 

 

怜奈

「もう…」

「…乳の話はよそう?」

 

 

怜奈ちゃんは話を変えるため、四郎君のパソコンの話を始めます。

 

 

怜奈

「将来はそういう関係のお仕事するの?」

 

 

一日中パソコンを弄っている四郎君に対し、こう聞いてみます。

 

 

四郎

「いや、あれは趣味さ。」

 

 

そう答える怜奈ちゃん。

 

さらに怜奈ちゃんは…。

 

 

怜奈

「四郎はパソコン使って何してるの?」

 

 

こう質問を続けます。

 

 

これに対し、ちょっと虐めてやろうという気になった四郎君。

 

 

四郎

「そうだな…エロ動画や画像を集めたり、気に入ったシーンを編集したり…」

「ようは…オナニーだなする事って。」

「と言っても…」

「誰かさんが歯かいしてくれたお蔭でできないんだけどな。」

 

 

意地悪ですね(笑)

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【コミなび純稿】 ヒメ×カノ-天然ギャルと秘密のえっち-ver.4

 

 

 

怜奈

「だ、だから…弁償するって」

 

 

怜奈ちゃんはいたたまれなくなったのか、こう切り返します。

 

 

四郎

「弁償するって…かなり高価だぞ?いつだ?」

 

 

怜奈

「3ヶ月後には…多分できると思う」

 

 

四郎

「3ヶ月!?」

 

 

怜奈ちゃんにはそれが精一杯でした。

 

 

四郎

「そんなに我慢してたら溜まりに溜まって…」

「憂さ晴らしに」

「うっかりしゃべっちまいそうだわ」

「洋介に。」

 

 

本当に意地悪ですね(笑)

 

 

好きな子を虐めたいというあれでしょうか(笑)

 

 

怜奈

「わかった。何とかする…。」

 

 

四郎

「何とかするって…」

「俺に裸でも見せてくれるってのか?」

 

 

怜奈

「いいよ!オナニーの手伝いすればいいんでしょ?」

 

 

逆ギレ気味にタンカを切る怜奈ちゃん。

 

 

これにからかっただけだと四郎君はたじろぎますが…?

 

 

怜奈

「冗談!?」

「冗談でも、うっかりされるとコッチは困るのッ!」

「いいよ!さっそく行こッ!」

 

 

四郎

「ど、どこへ?」

 

 

怜奈

「アンタん家!」

 

 

そしてその勢いのまま四郎君の家へと本当に来てしまう怜奈ちゃん。

 

 

四郎

「れ、怜奈…」

「少し落ち着けって」

 

 

怜奈

「ここまできて怖気づいたの?」

 

 

立場逆転ですね(笑)

 

 

怜奈

「どうしたらいい?早く済ませたいんだけど。」

 

 

どうにか落ち着かせたい四郎君。

 

 

大人の対応をしなければとこう言い放ちます。

 

 

四郎

「上着めくれ。」

「ゆっくりな。」

 

 

大人の…対応…?(笑)

 

 

―――スル…スル…

 

 

ゆっくりと上着をめくり始める怜奈ちゃんですが、途中で手が止まってしまいます。

 

 

四郎

「おいおい、そりゃねーだろ」

「なに止めてんだよ」

 

 

怜奈

「か、確認だけど…」

「触るの…ナシだからね」

 

 

もったいぶる怜奈ちゃんに対してそのままめくることを促す四郎君。

 

 

怜奈

「あ、あと…ッ」

「この事も…ッ」

「洋介には絶対内緒だからね?」

 

 

――ぷりんっ

 

 

~つづく~

 

 

「ヒメ×カノ-天然ギャルと秘密のえっち- 」2話の感想

 

 

やっぱりやりとりがコミカルですね。

 

 

登場キャラがどこかズレていて、やりとりが非常に面白いです。

 

 

そして、この二人、このままズルズルと勢いのまま最後までいっちゃうんですかね…?

 

 

洋介君と怜奈ちゃんの関係も気になるところですが…!

 

 

次話も楽しみです!

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

【コミなび純稿】 ヒメ×カノ-天然ギャルと秘密のえっち-ver.4

 

-ヒメ×カノ

Copyright© ヒメカノシリーズネタバレ天国:エロ漫画全作品のあらすじを無料試し読み , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.