完全ネタバレ

サキュバス喚んだら母が来た!?4話ネタバレ&無料試し読み

投稿日:



 

 

 前回はコチラ 

 

「サキュバス喚んだら母が来た!?」ネタバレ紹介の第4回です。

母親そっくりのエリリンとエッチすることに、タカシくんは罪悪感を抱いてはいるものの、欲望を止めることはできません。

タカシくんは毎日エリリンを呼んで、エッチしました。

ところがある日、タカシくんは、お母さんに手を伸ばそうとしている自分に気づきました。

 

いくら似ていても、タカシくんのなかでは、エリリンとお母さんは違うのです。

自己嫌悪にかられたタカシくんは、その夜、久しぶりにエリリンを召喚しないで眠ったのでした。

 

ところが……。

夢のなかで、お母さんが裸エプロンでタカシくんを誘ってくるではありませんか。

「ど……どうして?」

ととまどうタカシくん。

 

実はこれ、サキュパスのエリリンが見せている夢なのでした。

お母さんとエッチしたい、というタカシくんの心の奥にある願望が、こんな夢になったのでした。

夢のなかのお母さんが、裸のお尻を突き上げ、指をワレメにそえて、

 

くぱあ!

アソコを見せつけてきました。

たまらず、タカシくんはバックから、チ〇ポを挿入し、腰をふりました。

ぢゅぷっ! ぢゅぷっ!

お母さんの濡れたオマ〇コがひわいな音をたてます。

タカシくんの頂点はすぐにやってきました。

 

びゅるるるっ!

大量のザーメンを、お母さんのオマ〇コに放出したのでした。

でも、まだ出したりません。

タカシくんは、今度は、添い寝エッチをリクエストします。

 



 

赤ん坊のころのように、添い寝してもらい、オッパイをちゅうちゅうしながら、バコバコとエッチする、というものです。

 

エリリンはなんでもタカシくんの要望に応えてくれます。

 

 

ベッドで添い寝エッチを始めました。

 

「いいわよ、タカシ、ママのミルクをたっぷり飲んで、いっぱい、ママのオマ〇コに精液出しなさい」

 

タカシくんは夢中で腰をふって、たちまち気持ちよさがピークです。

 

 

びゅるるっ!

 

再び、白濁した液を、お母さんのオマ〇コのなかに生出ししたのでした。

 

そして、そのまま、赤ん坊のように、お母さんの胸に抱かれて眠ってしまったのでした。

 

 

というわけで、次回へ続きます。

 

 続きはコチラ 

 

 

-完全ネタバレ

Copyright© サキュバス喚んだら母が来た!?ネタバレあらすじ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.