Ξ

兵庫

末松信介自民党

回答なし

みずおか俊一民進党

私の「夢・希望・安心」ビジョン

その1 子どもへの投資
民主党政権時の高校授業料無償化に続き、高等教育(大学・短大・専門学校等)の無償化をめざします。段階的に授業料の引き下げと給付型奨学金(返済不要)の創設・拡充を進め、並行して就学前教育(幼稚園・保育園)の充実も図ります。

その2 労働者の賃金アップと待遇改善
最低賃金の引き上げや同一価値労働同一賃金の法制化をめざしながら、勤労者の待遇を改善し、希望が持てる労働環境を実現します。人を大切にした政策実現により、格差や貧困を解消していく社会を築きます。

その3 福祉の安定・充実
介護制度の充実と介護人材の確保を進めます。総合合算制度導入で、医療・介護の自己負担軽減を図り、シニア世代にも安心を届ける社会保障を実現します。

その4 平和と人権を守る
立憲主義を回復し、憲法に基づいた政治を取り戻します。平和・人権・権力分散を重視し、次世代への責任を果たす社会を実現します。

伊藤たかえ公明党

弁護士として18年、暮らしや中小企業経営などの悩みに向き合ってきました。ひとり親家庭の方、奨学金の返済苦にあえぐ人の苦しみは深刻で、待機児童の解消、雇用や待遇、就労環境の改善、幼児教育無償化や返済不要の給付型奨学金の創設は待ったなしです。
兵庫経済では、下請け企業の取引条件の改善のほか、世界に販路を広げ、観光振興にも生きる県産品のブランド化も重要です。特許や商標など知財も扱った経験から、多様な地場産業が底力を発揮できる支援に全力で挑みます。
先日、熊本地震の被災地で伺った声を党に届け「義援金差押禁止法」成立を後押しできました。兵庫選出の国会議員には今、女性も、弁護士もいません。小さな声に耳を傾け、「一人に寄り添う政治」の実現をめざします。

金田峰生共産党

【私が特に力を入れて取り組みたいこと】
◇安保法制(戦争法)廃止。野党と市民の共闘で安倍政権を退場させ、平和主義・民主主義・立憲主義を回復させる。
◇大企業ばかり応援し、暮らしも経済もダメにしたアベノミクスから、暮らしを守り応援するまともな経済政策に転換させる。
[1]大企業・大資産家に応分の負担を求める公平な税金の集め方にする。[2]認可保育所を全国3000か所つくる、学費を今の半額に引き下げ、給付型奨学金創設など、税金の使い方を社会保障や教育最優先に切り替える。[3]ブラック企業等の規制、過労死をなくす、最低賃金をすぐに1000円へ引き上げ1500円をめざす。誰もが安心して働けるルールある経済社会をつくる。
◇原発すぐにゼロ・自然エネルギー活用型社会への転換。TPP参加阻止。沖縄問題の抜本解決。

湊侑子幸福実現党

私の重点政策の第1番目は消費税減税です。25年もGDPを横ばいにし、財政赤字を1,000兆円以上に膨張させた責任は歴代の政権にあります。消費増税をすれば、消費が冷え込み景気は悪化し、税収は減ります。10%への再増税中止、5%への引き下げを断行し、景気を回復軌道にのせます。第2番目は、日本を守る抑止力の強化です。北朝鮮の核開発やミサイル発射、中国の軍備拡張、相次ぐ自然災害…安全保障環境は悪化の一途をたどっています。集団的自衛権の行使容認、憲法9条改正など有事への備えを万全にします。第3番目は、マイナンバ一制度の抜本的な見直しです。個人情報漏洩の危険が高まり、国が個人を管理する「監視社会」、「資産課税の強化」から日本の自由を守ります。